住宅展示場に行って物件を見てみるのが得策

積み木

ゆとりのある暮らしが自慢

つみき

住環境の良さが人気

川西市は兵庫県南東部の阪神地区に属し、北部には長尾山系の山々が連なり、市内を南北に走る猪名川の豊かな水に恵まれた自然豊かな都市です。自然に恵まれながらも、川西市は東西を阪急宝塚線やJR福知山線が横切り、南北には能勢電鉄が走る交通の利便性の高い都市であることから、大阪のベッドタウンとして発展しています。川西市は、阪神地域の中でも持ち家率が高いことでも知られ、住宅全体の約78%を占めます。しかもそのうち82%が一戸建てとあって、川西市の住宅希望者の多くが一戸建てを選んでいるのです。この川西市の一戸建て人気は、市内のニュータウンを中心としたゆとりがありなおかつ生活施設の整った住宅地が多数あることがその理由の一つでしょう。川西市の住宅地は主に、北部ニュータウンと中央部の川西能勢口駅周辺、南部平坦地域の3つに分けられます。北部ニュータウンは、能勢電鉄沿線を中心として開発された大規模住宅地で、整然とした街並みには生活施設や学校、公共施設が併設され、良好な住環境が特徴です。また、多くの住宅の敷地面積が200平方メートル前後とゆったりと暮らすことができ、しかも他の周囲のベッドタウンより手頃な価格で一戸建てが手に入れやすいことから、特に子育て世代から大きな注目を集めています。通勤通学の利便性から選ばれているのは、中央部川西能勢口駅周辺です。ニュータウンに比べて敷地面積の狭くやや高価な一戸建てが多くなりますが、それでも通勤通学のしやすさと駅周辺の商業施設等の充実ぶりもあって人気の高い地域です。南部は、工場の跡地等が整備されて中規模の住宅地開発が進行中です。丘陵地の多い川西市には珍しくこの地域は平坦な土地が広がっており、移動のしやすさが注目されています。また、市内中央部より価格の手頃な一戸建てが多く、その点でも注目度が高い地域です。