住宅展示場に行って物件を見てみるのが得策

男性

敷地選びでの豆知識

藤沢で戸建て建築で選ばれている土地は、各種インフラや施設が整備されている、快適で便利なエリアに存在します。また、土地の形状が整っており住宅を建てやすく無駄なく利用できる、南向きで日当たりがよい、なども人気物件の条件です。地盤の丈夫さや災害のリスクの低さなど、安全に暮らせることも重視されています。

ゆとりのある暮らしが自慢

川西市は豊かな自然がありながら交通の利便性も高いです。また、川西市は持ち家率が高く、しかも多くが一戸建てを選んでいます。それは北部ニュータウン地域を中心としたゆとりがありながら手頃な価格で一戸建てを購入できることが理由の一つでしょう。中央部は通勤通学の利便性で支持が高く南部は平坦な土地と割安な価格が人気です。

見学してみたい

インテリア

広々空間がポイント

約30棟ものモデルホームを揃え、八王子ニーズに対応した住宅展示場では、ただの展示会ではなく、見学しながら住まいづくりに役立つオーナー向けの情報も入手できます。セミナーや相談会などは八王子の住宅展示場では定期的に催され、30代にもちょうどいい住まいなど、新しい価値観を持つ若い世代の資金の悩みも解消できます。八王子の住宅展示場の中には、3世代で楽しめるモデルハウスも数多く、話題の1つには住み心地のいい家がテーマになっています。どの時代においても、木のぬくもりのある家は話題を集める健康素材の1つで、高気密・高断熱住宅は評価が高い傾向です。広々としたリビングは3世代の暮らしにはぴったりで、玄関正面に組子障子の和風モダンなワザをあしらうなど、古風なデザインは同居型2世帯住宅で注目の的です。その他、広さよりもスマート住宅を求める声も多く、そうしたニーズを捉えているモデルハウスは、八王子のどんな街並みにも溶け込むシンプルスタイルが評価されています。シンプルだからこその開放感あるホールやウッドデッキを採用し、大勢でのパーティーも圧迫感なく楽しむなどの、空間にこれまで以上のゆとりを生んでいます。また、住宅展示場では近年の輸入住宅デザインではなく、現代人に適した和の要素を再構築させたタイプも話題です。自然素材としても見直されている畳、こうした和素材をダイニングに用いるケースも増えていて、木造らしい落ち着きとぬくもりを感じられると評判です。発泡断熱材にアルミ遮熱のダブルバリア工法など、温度のバリアフリー化も話題で、一年中快適となるエコ住宅も体感温度に差が生じる親子3世代での暮らしで人気をよんでいます。

分譲住宅のメリット

大阪には様々なエリアに分譲住宅が建っています。自分で注文して建てるよりもはるかに安い価格で購入することができます。また、住宅と土地を一括で購入することができる場合もあるので、土地を持っていない方にもおすすめです。